勝つための構築方法


勝つために必要な構築の組み方とは何かを書いていきます。

バトレボ環境を基準に考えてますが、他の環境でもおそらく同じようなものです。

パーティ構築を組むときに重要な要素は、
①組み合わせを考える
②組み合わせの弱点を考える

この2点だと思います。
①の組み合わせを考えるということから説明します。
組み合わせで有名なものとしては、ラティオス+ハッサムやカバルドン+ドリュウズ(5th)などがあります。
組み合わせからの構築方法は、相手の組み合わせを考察して、脳内でシミュレーションで戦わせることを何回も行っていく方法です。

ラティオス+ハッサムに有利な組み合わせを可能な限り答えよ。と問題を作った場合、
バンギラス+サンダー、ギャラドス+ヒードラン、ヒードラン+ソーナンス、、、、
正直これぐらいならいくらでも出てくると思います。実際の試合で、ラティオス+ハッサムvsバンギラス+サンダーになった場合は、明らかに後者の勝つ確率が高くなります。

-組み合わせ考察の記事-

組み合わせ考察の記事には、バトレボ環境で重要な組み合わせとその組み合わせを崩す方法の一例が書いてあります。

この記事では、パーティをいくつか組んでみます。

⑴ラティオス+ハッサムに強い構築
ヒードラン+ソーナンスでラティオス+ハッサムに強い構築を組むことを考えます。

次に、ラティオス+ハッサム+ガブリアスと組み合わされている場合を想定します。
ヒードラン+ソーナンスでは、ソーナンスがラティオスかガブリアスの片方しか倒せないので、このままでは負けてしまいます。

ヒードラン+ソーナンス+ドータクン
この形で上記の組み合わせをほぼ完封できます。しかし、ラティオス+ハッサム+スイクン相手では、この組み合わせでは勝つことが難しいと思います。

ヒードラン+ソーナンス+ユキノオー
この形で上記の組み合わせをほぼ完封出来ます。また、ユキノオーの型によっては、ガブリアスを倒せたり、バンギラスに対面で勝つことができます。これでも、ラティオス+ハッサム+ギャラドスに勝つことができません。

ヒードラン
@達人の帯
大文字、龍の波動、ラスターカノン、目覚めるパワー電気

組み合わせで対処しきれない時は、単体考察を行い、必要な要素を補います。

このような思考回路を永遠に回し続けて、パーティを構築していきます。もちろん、ラティオス+ハッサムに強くするだけではダメで、構築を組んでいく中で他のパーティも想定して、シミュレーション上で勝てるかどうかを考えることが大切になります。
字で書くと文章が無限に続くため、このパーティはここまでにします。

⑵鋼タイプを崩すパーティを考える
今度はもうちょっと広い視点で書きます。単体ポケモンで相手のパーティを幅広く見る方法です。

ボーマンダ
うっかりやCS
@命の珠
流星群、大文字、めざめるパワー電気、地震

この型のボーマンダから構築を組みましょう。このボーマンダは、ヒードラン、ハッサム、メタグロス、ドータクンを一撃で葬りさることができます。また、それらのポケモンと組み合わせやすいギャラドスも一撃です。
ということは、相手にそのポケモンを選出してもらって、一気にパーティを崩すことが大切になります。鋼タイプを呼びやすくするために、
ガブリアス、マンムー、メタグロスなどがパーティのお供に考えられます。
ボーマンダ+マンムー+ガブリアス+メタグロスというなんとも尖った組み合わせが出来ました。これは意図的に尖らしています。ボーマンダはガブリアスに弱いために、ソーナンスを入れて1:1交換を狙います。

ボーマンダ+マンムー+ガブリアス+メタグロス+ソーナンス

相手のパーティから、鋼タイプやガブリアスを呼び出して、なおかつバンギラスを呼び出しにくい形になっています。このままではスイクンが厳しいため、ライコウやサンダーを組み込みたくなりますが、バンギラスの選出率をあげてしまうため、選出率上げすぎないユキノオーなどが適任かと思います。

ボーマンダ+マンムー+ガブリアス+メタグロス+ソーナンス+ユキノオー

このようなパーティが出来ました。とても攻撃方面によっていますが、これは相手のパーティの特定の部分を選出させるための仕組みです。
⑴では、純粋に綺麗に構築を組んでいくこと、⑵では、相手のパーティを無理やり突破することを意識して構築を組んでいます。

⑴と⑵を組み合わせながら構築を組むことで、どんなパーティにも勝ちの流れを作ることができるようになると思います。

文章書くのめんどくなったからこの辺りで終わります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

purasururinngo

Author:purasururinngo
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

来場者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR