FC2ブログ

バトレボ環境鋼タイプまとめ(読みから考察する構築方法)


バトレボ環境では、龍鋼の2つのタイプがとても重要なので片方の鋼タイプについてまとめます。この記事は、鋼タイプの事を例に出してひたすらだらだらと書いていく記事になっています。いつものように記事を書きながら内容を考えているので着地点はやや見えにくいかもしれません。では、、、

鋼タイプミラーが重要となる場面の例として、先発スカーフガブリアスvs拘り眼鏡ラティオスの対面を想定します。前者の手持ちの裏は、メタグロス 後者の手持ちの裏はハッサムになります。
この場合、かなりの択で後者が有利になります。

VS

例えば、ガブリアスがドラゴン技を選択した場合、ハッサムに受けられてしまいます。また、メタグロスに変えた場合、相手のハッサムと対面して2ターン目も不利対面を引いてしまいます。これは後者側に2点読みが成立しているといえます。ガブリアスが居座ってドラゴン技を打つ事を読む&メタグロスに交換してくるの2つに対して、どちらにもアドバンテージを取れる最強の読みになっています。
この2匹のサイクルで前者が有利を取るためには、ガブリアスがラティオス交換読みの地震を打つ→ハッサムにダメージが入り、2ターン目にハッサムからラティオスに引いたところにメタグロスを合わせる このような鬼読みをしないと勝てない事になります。読みはどんどん使っていいと思いますが、不利な読みをわざわざ使う必要はないので、鋼タイプから試合の中の読みを減らす(有利にする)事を考えて記事を書いています。
このような2点読みは試合の中ではよく発生するのでもう1つ例を書いておきます。

前者
ガブリアス@拘りスカーフ ハッサム@オッカの実 ゲンガー@黒いヘドロ

後者
バンギラス@拘りスカーフ ソーナンス@お盆の実 ガブリアス@気合の襷

ガブリアスへの役割が鋼タイプではなく、ソーナンスになっていますが、分かりやすい例なので許して下さい。

ここで、前者と後者どちらが有利か考えると、前者が圧倒的に有利です。1ターン目に前者が取る行動は、ガブリアスからハッサムに交換する事です。後者は氷技をせんたくするか、ソーナンスに交換する事になります。氷技選択の場合、有利になることは分かりやすいですし、ソーナンスに変えると、2ターン目のハッサム蜻蛉返り→ゲンガーでソーナンスのカウンターを防げる&催眠術の起点に出来るので前者が圧倒的に有利になっています。前者が勝つためには、拘りスカーフバンギラスで炎技選択を行い、次のターンハッサム→ガブリアス交換を読んでソーナンスに変える事をしないといけません。
このように読み合いを制すためには、相手の居座りと交換両方の択に対して有利を取れる必要性があります。

ここまで書いた事がほぼ全てなのですが、鋼タイプだけに絞って書いていきます。

ここで仮想する鋼タイプのポケモンは、「メタグロス」「ドータクン」「ハッサム」「ヒードラン」「エンペルト」「ルカリオ」になります。ルカリオは、ドラゴンタイプに繰り出さないので、他の5匹とは変わってきますが、一応入れています。


はじめに役割関係と対面関係について書きます。

・役割関係
例:
ドータクンはメタグロスに役割を持っている この場合、
ドータクン>メタグロス
ヒードランはメタグロスに誤魔化しの役割を持っている この場合、
ヒードラン≧メタグロス
あくまで交換前提の役割関係になります。
役割を1、誤魔化しを0.5として数字にします。

「メタグロス」
役割無し この中の誰にも役割を持てません

役割0

「ドータクン」
ドータクン>メタグロス
ドータクン≧ルカリオ

役割1.5

ルカリオには無理矢理繰り出せなくもないですが、基本しません

「ハッサム」
ハッサム>メタグロス
ハッサム>ドータクン

役割2

「ヒードラン」
ヒードラン≧メタグロス
ヒードラン≧ドータクン
ヒードラン>ハッサム

役割2

メタグロスは地震 ドータクンは催眠術と地震が厳しいです

「エンペルト」
エンペルト≧ハッサム

役割0.5

欠伸と波乗りなどで無理矢理繰り出せなくはないです

「ルカリオ」
ルカリオ≧ハッサム

役割0.5

蜻蛉返りとバレットパンチを半減します 拘り鉢巻ハッサムのバレットパンチでルカリオは縛られるので誤魔化し程度です

役割はこんな形でしょうか....

メタグロス、ルカリオ、エンペルトは実質鋼ミラーで役割を持てない
ドータクンは、メタグロスのみに役割を持てる
ハッサムは、メタグロスとドータクンに役割を持てる
ヒードランは、ハッサムに確実な役割 メタグロスとドータクンに不安定ながら繰り出せる

ということで、ヒードラン>ハッサム>ドータクン>ルカリオ エンペルト>メタグロス
のような鋼ミラーの役割を持っています

・対面関係
こちらは1:1で戦った時の基本的な有利不利を書いていきます
対面で勝てるポケモンの数を数えます。

「メタグロス」
メタグロス>ルカリオ
メタグロス>エンペルト
メタグロス<ドータクン
メタグロス<ハッサム
メタグロス<ヒードラン

対面:2

「ドータクン」
ドータクン>メタグロス
ドータクン>エンペルト
ドータクン>ルカリオ
ドータクン<ハッサム
ドータクン<ヒードラン

対面:3

「ハッサム」
ハッサム>メタグロス
ハッサム>ドータクン
ハッサム<ヒードラン
ハッサム<エンペルト
ハッサム<ルカリオ

対面:2

「ヒードラン」
ヒードラン>メタグロス
ヒードラン>ドータクン
ヒードラン>ハッサム
ヒードラン>エンペルト(ヒードランの持ち物によって大きく変わるが拘り眼鏡想定)
ヒードラン<ルカリオ

対面:4

「エンペルト」
エンペルト<メタグロス
エンペルト<ドータクン
エンペルト>ハッサム
エンペルト<ヒードラン
エンペルト<ルカリオ

対面:1

「ルカリオ」
ルカリオ<メタグロス
ルカリオ<ドータクン
ルカリオ>ハッサム
ルカリオ>ヒードラン
ルカリオ>エンペルト

対面:3

・ここまでで

メタグロス 役割0対面2
ドータクン 役割1.5対面3
ハッサム 役割2対面2
ヒードラン 役割2対面4
エンペルト 役割0.5対面1
ルカリオ 役割0.5対面3

こんな結果になりました。
鋼ミラーの役割関係ではヒードランとハッサムが1番高くなっています。
対面関係では、ヒードランとルカリオとドータクンが高くなっています。メタグロスとエンペルトは、鋼ミラーにおいては最弱の部類と考えた方がいいと思います。

ここで、「ヒードラン」「ハッサム」「ドータクン」「ルカリオ」だけを抜き出してみます。
ヒードランは、ルカリオ以外の鋼に強く
ドータクンは、ヒードランとハッサムには弱いですがルカリオに強いとなります。

これは選出段階で龍ミラー→両者交換→鋼ミラーの2ターンを考える時に役に立つと思います。

・ハッサム入りで相手のヒードランを意識した構築例
ラティオス+ハッサムの構築で、相手のパーティにガブリアスとヒードランがいる前提とします。相手のパーティにガブリアスがいれば確定でハッサムを出さないといけない構築では、相手のヒードランで確実にアドバンテージを取られてしまいます。そこで、鋼タイプを選出しなくてもガブリアスを対処するルートを他に作っておきます。例えば、耐久振りのギャラドス、スイクンなどが考えられます。他にもシュカの実ライコウ、気合の襷ゲンガーなどを採用してしまうなど無理矢理ガブリアスを処理する形にしておけば、ハッサムの確定選出によるディスアドバンテージを防ぐ事が出来ると思います。


他にも構築単位で相手の鋼タイプに弱くなる構築では、メタグロスではなくヒードランを採用していくなどが考えられます。
・特別な構築例
ユキノオー+トドゼルガの構築で、メタグロスを入れたとなると鋼タイプに弱い選出になり、この3匹で選出機会が減ってしまうと思います。
ユキノオー+トドゼルガ+メタグロス+サンダー など4枠目で鋼対策のポケモンが補完で入ります。ここでヒードランを採用すると、
ユキノオー+トドゼルガ+ヒードランとなり、鋼タイプが厳しいという点を改善出来ます(バンギラスが厳しくなりますが....)。
ユキノオー+トドゼルガ構築がそもそもサイクル戦向きではないので、ルカリオを入れてしまう形も考えられます(メタグロスが厳しいが、ヒードラン、ハッサム、バンギラスを改善出来る)。

・弱い事を逆手に取った構築1
メタグロスを入れて、相手の鋼タイプに弱くし、鋼タイプを誘う形にします。更に他にもガブリアスを入れたり、鋼タイプに強いスイクンなどを入れないように構築を組んでいきます。そこに命の珠ボーマンダを仕込みます。そうすると、ドータクン、ハッサム、ヒードランなどの被選出率が上がり、珠ボーマンダの活躍の機会が一気に上がります。鋼ミラーに弱い事はデメリットだけではないということです。これは選出誘導の部類に入ると思うので、相手がある程度環境を理解している事や、試合の流れを理解している前提になります。

・弱い事を逆手に取った構築2
メタグロスを入れます。相手のパーティのドータクンとハッサムを大爆発で潰して、裏のガブリアスを暴れさせる構築について書きます。メタグロスは鋼ミラーに弱い為に強烈に鋼タイプを呼びます。ドータクンとハッサムに大爆発を当てて吹き飛ばすには、ラムの実持ちの意地っ張りA252メタグロスがオススメです。ドータクンは、コメットパンチ×2+大爆発でほぼ落ちますし、ハッサムは思念の頭突き+大爆発で落ちます。また、命の珠メタグロスの場合は、ドータクンはコメットパンチ+大爆発、ハッサムは大爆発のみで落とす事が出来ます。鋼の選出率が高いバトレボ環境だから決めやすい戦法です。

・まとめ
バトレボ環境はドラゴンが強いから鋼の必要性が高い→お互いに鋼選出率が高い→鋼ミラーで有利になる事が試合の有利に繋がる→鋼を出さない方法などもある&鋼ミラーに弱くてもそこを利用出来る
って事です。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

purasururinngo

Author:purasururinngo
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

来場者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR